一日一日集中して仕事をしよう!

集中することはむずかしい

健康雑記7

読了までの目安時間:約 4分

 

体脂肪の量(somatic fat volume)はさして変化がなく、体重だけが食事や排尿などによって一時的に増減する際、体重が増加したら体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減少した人は体脂肪率が高くなることがわかっています。

心筋梗塞は心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の内腔が狭くなって、血液の流れが止まって、大事な酸素や栄養が心筋まで配達されず、筋肉細胞自体が死ぬという大変危険な病気です。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を有する血液、精液をはじめ、女性の腟分泌液や母乳などのあらゆる体液が、看病する人や交渉相手などの粘膜や傷口に接触することにより、感染の危険性が高くなってきます。

「肝機能の減衰」については、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP等3つの値によって確認できますが、ここ数年で肝機能が充分ではない人々が徐々に増加しているとされています。

緊張性頭痛というものはデスクワークなどでの肩凝り、首の凝り、張りから起こる日本人に多い頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような強烈な痛さ」「重いような耐え難い痛みと言われることが多いようです。

肝臓をきれいに保つには、肝臓の解毒作用が下がらないようにする、即ち、肝臓のアンチエイジング術をできるだけ早く実行することが有効です。

「体脂肪率」というものは、身体のなかの脂肪の蓄積している重さのことであって、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量÷体重(weight、kg )×100」という計算式によって値を確認できます。

通常は水虫といえば足を思い浮かべ、特に足指の間に現れやすい病気だという認識が定着していますが、原因菌である白癬菌が感染する所は足だけではないので、全身どの部位にも感染してしまう危険性があるので注意してください。

杉の花粉が飛散する期間に、まだ小さなお子さんが体温は普通なのに頻繁にくしゃみしたり水のような鼻みずが止む気配をみせない具合なら、残念ながら『スギ花粉症』の恐れがあるでしょう。

基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が何もせずにじっとしていても燃えるエネルギーのことですが、大部分を全身の骨格筋・臓器の中で最も大きな肝臓・頭部の脳が占めているということはまだ広くは知られていません。

消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、大多数が腹痛・吐き気・嘔吐・下痢の症状が出る程度ですが、細菌性の場合は激烈な腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・下痢と同時に38度台の高い発熱が違いだといえます。

脂漏性皮膚炎という病気は皮脂の分泌異常が要因で出る湿疹で、分泌が異常をきたす素因として男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンの均衡の崩れ、V.B.複合体の慢性的な欠乏などが関わっています。

ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、両手両足がマヒしたり下肢の著しい浮腫などが象徴的で、症状が進行すると、重症の場合、呼吸困難に至る心不全などを発症する可能性があるのです。

基礎代謝量(kcal)とは目が覚めている状態で生命活動を保つ(鼓動、呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋緊張のキープ等)のに要る基本的なエネルギー消費量の事を指しているのです。

アルコールを無毒化するという作用があるナイアシンは、不快な宿酔に効果的です。苦しい宿酔の素因とされるエタナールという化学物質の無毒化に関係しています。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed