一日一日集中して仕事をしよう!

集中することはむずかしい

美容雑記8

読了までの目安時間:約 4分

 

アイメイクを落とす時に化粧をしっかり落とさなければいけないと力任せにゴシゴシ洗い続けていると皮膚が傷んだり炎症を起こすなどして色素沈着を招いてしまい、目のくまの一因になるのです。

ネイルケアというのは爪をより一層健康的な状態にキープしておくことを目的にしている為、爪の健康状態を観察する事はネイルケアのスキル向上にきっと役立ち理に適っているといえるだろう。

私たちが「デトックス」の虜になる大きな理由として思いつくのは、我々日本人が暮らす環境の悪化だろう。空気や土壌は汚され、穀類や野菜などの食物には作用の強い化学肥料や有害な農薬がふんだんに使われていると実しやかに囁かれている。

健康補助食品などで知られるヒアルロン酸はヒトの細胞間に多く存在しており、水分維持や緩衝材のような働きをして細胞をガードしていますが、老化にともなって体の中のヒアルロン酸は徐々に少なくなっていきます。

残業、終電帰りの食事会、見逃せない深夜のスポーツ観戦・翌日の家族のお弁当や食事の支度…。皮膚に悪いということは承知していても、現実的にはしっかりと睡眠時間を持てていない方が大半を占めるようです。

トレチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)療法は、目立つ濃色のシミを数週間という短期間で目立たなくするのにすごく適した治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・肝斑(かんぱん)・しつこいにきびなどに効果があります。

美容整形をおこなう美容外科とは、正式には外科学の一種であり、医療がメインの形成外科とは違っている。また、整形外科学(orthopedic surgery)と間違われることがよくあるがこれも分野の違うものだ。

美白化粧品だということをパッケージなどでアピールするためには、薬事法を取り仕切っている厚生労働省に認可されている美白に効果のある成分(よく使用されるのはアルブチン、コウジ酸の2成分)が混ぜられている必要があるのです。

美容整形をおこなう美容外科というのは、とどのつまり外科学の中の一分野で、医療目的の形成外科(plastic surgery)とは異質のものである。更に、整形外科学と間違われることがよくあるがこれはまったく異分野のものである。

強い紫外線を浴びたときに肌のダメージを抑える方法は3種類。1.日焼けしたところを冷却する2.ふんだんにスキンケアローションをパッティングしてしっかり保湿3.シミを作らないためにも捲れてきた皮をむいてはダメだ

患者は一人一人肌の性質は違いますし、先天性の要素による乾燥肌なのか、それとも後天的なものによる乾燥肌なのかというタイプに応じて対応が異なってきますので、細心の注意が必要なのです。

お肌の若々しさを作り出すターンオーバー、言いかえれば皮ふを入れ替えることが可能な時は限定されていて、それは夜半眠る時しかありません。

日光を浴びて濃くなってしまったシミをなんとか薄くしようとするよりも、発生しないように防いだり、お肌の奥に隠れているシミの赤ちゃんをブロックすることの方が有効って知っていましたか。

なんとかできないものかという気持ちに駆られてフェイシャルマッサージをする人もいるようですが、特に目の下は弱いので、こするように大雑把な乱暴なマッサージであれば良い効果は期待できません。

女性誌や美容の書籍には、小顔になって肌がきれいになり、痩せる、デトックス効果がある、免疫力の増進など、リンパを流してしまえば何もかもOK!というフレーズが踊っている。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed