一日一日集中して仕事をしよう!

集中することはむずかしい

美容雑記9

読了までの目安時間:約 4分

 

メイクの短所:肌への影響。毎朝化粧するのが面倒だ。金がやたらと嵩む。物理的刺激で皮膚が荒れる。何度もお化粧直しやメイクする時間が勿体ない。

本国において、皮膚が白くて黄ぐすみや目立つシミの見られない状態を望ましいと思う価値観が以前からあり、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるくらいだ。

メイクアップの利点:外見が向上する。化粧もマナーのひとつ。実際の年齢より年上に見せたいという願いを叶えてくれる(20代前半まで限定の話です)。自分の印象を多種多様にチェンジすることが可能。

深夜残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、深夜のスポーツ観戦・翌日の子どものお弁当作りに食事の準備…。お肌に良くないというのは知っていても、毎日の生活ではしっかり睡眠時間を確保できない人が大半を占めると思います。

20才を過ぎてから出来る難治性の“大人のニキビ”の女性が増加しているようだ。10年という長期間こうした大人ニキビに苦しんでいる多くの女性が当院に来る。

硬直状態では血行が滞ります。最後には、目の下の辺りを始め顔の筋肉の力が低下します。顔中の筋繊維も適切なストレッチをしてあげて、たまに緊張をほぐすことが肝要です。

審美歯科というのは、美に主眼を置いた総合的な歯科医療のこと。歯の存在意義には物を噛み潰すなどの機能面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、共に健康という観点では非常に大切な要素だと考えることができる。

アトピーは「不特定な場所」という意味を持つアトポスと言うギリシャ語を語源としており、「何らかの遺伝的素因を保有した人にあらわれる即時型のアレルギーに基づく病気」のことを指して名前が付けられたのである。

ネイルケア(nail care)というのは、爪や手指などの手入れ全般を指す。美容だけでなく、健康、ファッション、皮膚科の医療行為、生活の質(クオリティオブライフ)の保全など多岐に渡る捉え方があり、今やネイルケアはなくてはならないものと言うことができる。

今人気の頭皮ケアは通称スカルプケアとも名付けられているお手入れ方法です。頭皮は髪の悩みの代表である「抜け毛」「うす毛」に密に関わると供に、フェイスラインの崩れやたるみなどにも影響を及ぼすと考えられています。

明治時代の末期に外国から帰ってきた女性たちが、洋髪、洋風の格好、洋式の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを紹介すると、これらを新たに言い表す語彙として、美容がけわいの替わりに使用され始めた。

ダイエットで一躍名を馳せたデトックスとは、身体の内側に蓄積してしまったありとあらゆる毒素を体の外へ出すという古くからの概念を継承した健康法でカテゴリーとしては代替医療に区分けされる。「detoxification(ディトクシフィケーション、解毒の意)」の短縮形だということはあまり知られていない。

何となくPCの画面に集中しすぎて、眉間にはシワ、さらに口角を下げたへの字口(ちなみに私はこの形をシルエットから取って「富士山口」と名付けました)になっているのでは?これはお肌の大敵です。

顔の弛みは不必要な老廃物や余分な脂肪が蓄積することで促されます。リンパの流動が鈍くなってくると色々な老廃物が蓄積し、むくみが発生したり、脂肪が付き、たるみに繋がります。

お肌の細胞分裂を活発化させて、皮ふを再生させる成長ホルモンは明るい時間帯の活動している時にはほぼ分泌されなくて、夜にゆるりと身体を休めくつろいだ状態で出始めます。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed