一日一日集中して仕事をしよう!

集中することはむずかしい

健康雑記12

読了までの目安時間:約 4分

 

虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科処置ではほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」もしくは「冠動脈大動脈バイパス移植手術」の双方の治療が一般的におこなわれています。

いんきんたむし(陰金田虫)は20代~30代の男の人多く確認され、ほとんどの場合は股間の辺りにのみ拡大し、激しく体を動かしたり、風呂から上がった後など体が熱くなった時に強烈な掻痒感を引き起こします。

AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が原因となって起こるウイルス感染症のことであり、免疫不全に至り些細な真菌などによる日和見感染やガンなどを発病してしまう病状の事を指しています。

「肝臓の機能の低下」は、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等の値によってモニタリングできますが、ここ数年で肝臓の機能が低下している人々が明らかに増加していると報じられています。

気分障害のうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなり、不眠、強い憂うつ感、倦怠感、疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦り、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図等の症状が出現するのです。

アルコール、お薬、合成保存料を始めとした食品添加物等の成分を酵素によって分解して無毒化する機能の事を解毒(げどく)と称しており、多機能な肝臓の非常に大切な仕事のひとつであることは間違いありません。

日々の規則正しい暮らしの保持、腹八分目を忘れないこと、自分に合った運動等、アナログともいえる自分の身体への注意が肌のアンチエイジングにも活用されるということです。

「体脂肪率」というものは、人の身体の中の脂肪の占有している率で、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(weight、kg )×100」という式で分かります。

人間の耳の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3つに分けることができますが、この中耳の辺りに黴菌やウィルスが付着し、発赤等の炎症がみられたり、液体が溜まる病気を中耳炎と呼ぶのです。

内臓脂肪症候群とは言われていなくても、内臓に脂肪が付きやすい型の悪質な肥満を持つことによって、色々な生活習慣病を発症する可能性が高まります。

バイ菌やウィルスなど病気を齎す病原微生物、即ち病原体が口から肺の中に入って感染した結果、肺そのものが炎症反応を示した様を「肺炎」と呼ぶのです。

アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を低減したり突然変異をもたらす悪影響を及ぼす有害物質を身体の中で無毒化し、肝臓の能力をより良くする能力が判明しているのです。

ポリフェノールで最も有名な特性は水溶性のビタミンCや脂溶性のビタミンEなどとは性質が違い、細胞間の水溶性の部分や脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化しにくくする作用を持っているのです。

「とにかく時間がない」「無駄な様々な人間関係が苦手だ」「あらゆる先端技術や情報のハイレベルな進化に付いていくのが大変だ」など、ストレスを感じやすい誘因はみんな異なります。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは就寝中ではない覚醒状態で生命活動を維持する(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎臓の機能、体温や筋肉の緊張の維持など)のに要る最も小さいエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed