一日一日集中して仕事をしよう!

集中することはむずかしい

健康雑記13

読了までの目安時間:約 4分

 

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、一番代表的な中耳炎で比較的子供によくみられます。強い耳の痛みや熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(じろう)などの耳の症状が出ます。

軽傷の捻挫だろうと勝手に決め込んで、湿布を貼って包帯やテーピングで患部を固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置を済ませたらスピーディに整形外科医に診てもらうことが、結局は完治への近道となります。

アルコール、お薬、色々な食品添加物等の成分を特殊な酵素によって分解して無毒化する働きを解毒(げどく)と呼び、肝臓の果たしている最も大切な役割分担のひとつだと言えるでしょう。

チェルノブイリ原発の事故に関するその後の追跡調査のデータでは、大人に比べると子供のほうが放出された放射能の良くない影響を受けやすくなっていることが分かります。

過食、太り過ぎ、喫煙、消費カロリーの低下、精神的・肉体的なストレス、高齢化など様々な素因が揃うと、インスリン分泌が少なくなったり、働きが鈍化したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病を発病するのです。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂分泌の異常が原因で現れる湿疹で、分泌が乱れる要因としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンの均衡の乱れやビタミンBコンプレックスの欠乏等が考えられます。

うつ病は脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足することにより、不眠、強い憂うつ感、著しい疲労感、食欲の低下、体重の減少、強い焦り、意欲の低下、そして重症化すると自殺企図等の深刻な症状が心身に現れます。

2005/02/01から新しく特保の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の日本語のプリントが食品メーカーの義務となっている。

吐血と喀血、どちらも口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血の方は咽頭から肺に続く気道(きどう、呼吸器の一種)から出血することであり、吐血とは無腸間膜小腸より上部の消化管から血が出る状態を指しています。

前立腺という生殖器はその成長や活動に雄性ホルモン(男性ホルモン)が密に関係していますが、前立腺に現れたガンも同様に、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの力で大きくなってしまうのです。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する特徴があるナイアシンは、宿酔に効果的な成分です。嫌な二日酔いの根源物質だといわれる酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質のクラッキングに携わっています。

アメリカやヨーロッパ各国では、新しい薬の特許が満了した30日後には、製薬市場の8割が後発医薬品(こうはついやくひん)に切り替わるような飲み薬もあるほど、後発医薬品は地球上で採用されています。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食事の欧米化や喫煙する事・アルコールの習慣・肥満症などの生活習慣が悪化したこと、ストレスなどによって、殊更日本人に増えつつある疾患の一つです。

音楽会やライブなどの開催場所や踊るための広場などに据えられている特別仕様の大型スピーカーの真横で大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなる症状を「ロック外傷」と呼んでいるのです。

様々な花粉症の緒症状(鼻みず、酷い鼻づまり、くしゃみ等)のせいで夜間よく睡眠を取れないと、それが災いして睡眠不足になり、翌朝起床してからのすべての活動に悪いダメージを与えることもあります。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed