一日一日集中して仕事をしよう!

集中することはむずかしい

健康雑記14

読了までの目安時間:約 4分

 

杉の花粉が飛ぶ1月から4月の頃に、乳幼児が発熱は確認できないのに頻繁にクシャミしたり水っぱなが止まないような症状だったなら、杉花粉症の可能性があります。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンに代わり、原則無料で受けることのできる定期接種として導入されるので、小児科などの医療機関で個々に注射してもらうに変更されました。

アメリカやEU圏では、新薬の特許が満了してから約1ヶ月後、製薬市場のおよそ割がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に替わるようなクスリもあるほど、後発医薬品(こうはついやくひん)は世界各国に知られています。

暴飲暴食、太り過ぎ、消費カロリーの低下、不規則な生活、多忙によるストレス、加齢など様々な素因が揃うと、インスリンの分泌量が少なくなったり、機能が低下したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症すると考えられています。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在するインスリンを分泌するβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまうことが原因で、膵臓からはインスリンが微々たる量しか分泌されなくなってしまい発症してしまう自己免疫性のタイプの糖尿病です。

ヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間にあるクッションのような役目を果たしている椎間板(ツイカンバン)という円形の線維軟骨がはみ出た症状を表しています。

メタボリックシンドロームとは断言されていなかったとしても、内臓に脂肪が多く蓄積しやすい類の悪い体重過多に陥ることに縁り、色々な生活習慣病を招く可能性が高まります。

エイズウイルス(HIV)を有している血液、精液をはじめ、女性の母乳や腟分泌液などの体液が、乳飲み子などの傷口や粘膜部分等に触れることにより、感染の危険性があります。

脳卒中のくも膜下出血は80%以上が脳動脈瘤と言われる血管にできた瘤(こぶ)が破裂して脳内出血してしまうことが原因となって発症する死亡率の高い病気だと多くの人が知っています。

UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという性質があり、大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部が吸収されるものの、地表に届いたUV-B波は皮膚の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を破損させたりして、肌に悪い影響を与えることになります。

「肝機能の悪化」については、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)などの数値で確認することができますが、ここ最近では肝機能が悪化している日本人が増加傾向にあると報じられています。

普通なら骨折は起こさない程度の小さな圧力でも、骨の限られた部位だけに何度も繰り返して休みなく力が加わることにより、骨折する事もあり得ます。

グラスファイバーでできたギプスは、大変強靭で軽量な上に耐久性に優れ、濡れてしまってもふやけないという利点があり、いまのギプスの人気製品だと言われています。

子供の耳管の作りは、大人のそれと比較して太目で長さがなく、なおかつ水平に近いため、黴菌が入り込みやすくなっているのです。大人より子どもの方がよく急性中耳炎になるのは、この事が関わっています。

もう永久歯の周りのエナメル質を浸食してしまうほど悪化してしまった歯周病は、おそらく症状そのものが落ち着いたとしても、無くなった骨が元通りに復元されるようなことはないと言われているのが現状です。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed