一日一日集中して仕事をしよう!

集中することはむずかしい

健康雑記17

読了までの目安時間:約 4分

 

耳鳴りは分類することができて、当事者にしか感じられないと言われる「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように当事者に加えて他の人にも高品質なマイクロホンを利用したりすると感じることのできるような「他覚的耳鳴り」とがあり、対処法が変わります。

3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を鈍くしたり突然変異を誘引する人体に対する有害物質を体の内部で無毒化し、肝臓の能力を促す特徴が認められているのです。

肝臓を健康に維持するには、肝臓の毒素を無毒化する力が低くならないようにする、言いかえれば、肝臓を老化させない対処法を開始することが有効です。

杉花粉症などの病状(水っ洟、鼻詰まり、連発するクシャミなど)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが引き金となって慢性の睡眠不足となり、翌朝起床してからの行動性に悪いダメージを与えるかもしれません。

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、変わり、平成24年9月から厚労省が接種を推奨する定期接種集団接種ではなく小児科などの医療機関で個々に受けるスケジュール管理の必要な個別接種という扱い

ストレスが蓄積していくシステムや、手軽で有用なストレス対処策など、ストレスに関係している初歩的な知識を勉強しようとする人は、まだまだ少ないようです。

めまいは無いのに、強い耳鳴りと低音域の難聴の症状のみをいつまでも繰り返すケースを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メヌエル病」という呼称で呼ぶ事例もあるそうです。

うす暗い場所だと光不足のため見えにくくなりますが、更に瞳孔が開くので、目のピントを合わせるのに多くのエネルギーが消費され、明るい場所でものを見るより疲労がおおきくなります。

日光を浴びると生成されるビタミンDは、Caが人体に吸収されるのを促進する特質が知られており、血液中のカルシウム濃度を調整して、筋肉の動き方を微調整したり、骨を生成したりしてくれます

基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が何もせずにじっとしていても消費してしまうエネルギー量であり、大半を全身の骨格筋・内臓の中で一番大きな肝臓・多量の糖質を消費する脳が消費しているということはまだ広くは知られていません。

骨を折ったことによりひどく出血してしまった状態では、低血圧になって周囲が揺れ動いてみえるようなめまいや冷や汗、嘔吐感、立っていなくても起こる意識消失などの不快な脳貧血がみられる時もあります。

500以上もの働きを持つ肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く付着した脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、動脈硬化や狭心症に始まるいろんなトラブルを起こす可能性があることをご存知でしょうか。

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、4~5日くらいちゃんとお薬を飲めば、原則的にほとんどの患者さんの自覚症状は去りますが、イコール食道粘膜の傷みや炎症が全快したとは言い切れません。

ご高齢の方や慢性病を患っている方は、ことさら肺炎に罹患しやすく治るのが遅いデータがあるので、予防策の徹底や迅速な処置が肝要なのです。

クモ膜下出血とはそのほとんどが「脳動脈瘤」と呼ばれる脳の血管のコブが破裂して出血する事が要因となってなってしまう命にかかわる病気だと認識されています。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed