一日一日集中して仕事をしよう!

集中することはむずかしい

健康雑記23

読了までの目安時間:約 4分

 

吐血と喀血、2つとも口からの出血に違いはありませんが、喀血というのは喉から肺を通っている気道から血が出る症状で、吐血は十二指腸よりも上の消化管から出血する病状を言い表しています。

肥満(obesity)の状態は当然摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足などが素因ですが、量は変わらない食事であっても、慌ただしく食べ終わる早食いを続けていれば体重過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなります。

音楽会の開催される場内やディスコなどに設置された大きなスピーカーの近くで大音量を聞いて耳が聞こえにくくなる症状を「急性音響外傷」と呼んでいるのです。

急に発症する急性腸炎は、普通は腹痛・嘔吐・腹下しの症状が出る位で済みますが、細菌感染から来ている場合は激烈な腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・下痢の他に38度以上の高熱が出るのが特徴なのです。

スマートフォン使用時の強くて青っぽい光を軽減させる効果のある眼鏡が大変人気を博しているのは、疲れ目の消失にたくさんの方が挑んでいるからだといえます。

ブラッシングなどで、高齢者がセラピーキャットをとても愛おしいと感じた時にオキトキシンが多く分泌され、ストレスの低減や心のヒーリングなどにつながるのです。

めまいは無いのに、長く続く耳鳴りと難聴の症状だけを数回発症する症例のことを「蝸牛(かぎゅう)型メニエル病(Cochlear Meniere's Disease)」と診断するケースも多いそうです。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食事内容の欧米化や煙草を飲む事・アルコール・肥満といったライフスタイルの乱れ、ストレスなどに縁り、現在日本人に多く発生している疾患の一種です。

現代の病院のオペ室には、W.C.や器械室(apparatus room )、手術準備室(operating preparation room)を設け、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を準備しておくか、側にX線用の専門室を設置しておくのが常識である。

お薬、アルコール、合成着色料を始めとした食品添加物等の物質を分解し、無毒化する機能を解毒(げどく)と呼び、肝臓が果たす大切な任務の一つなのです。

いんきんたむし(陰金田虫)とは、正式には股部白癬という病名を持ち、白癬菌というカビが股部、陰嚢(いんのう)、臀部などの場所に何らかの理由で感染し、定着してしまった病気であり俗に言う水虫のことです。

明るくない所だと光量が不足してものが見えづらくなりますが、より一層瞳孔が開くため、眼球の水晶体のピントを合わせるのに不必要なエネルギーが使われてしまい、結果的に光の入る場所で物を眺めるより疲れるのが早くなるといえます。

黴菌やウィルスなど病気を齎す微生物(病原体)が口から肺へ入り込み発症してしまい、肺そのものが炎症反応を示した有様を「肺炎」と断定しています。

食事をするときは、次に食べようと思った物をなんとなく口に入れて幾度か咀嚼して飲み込むだけに思われがちだが、その後体はまことに律儀に活動し異物を人体に取り込む努力を続けているのだ。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂の分泌異常が主因で引き起こされる発疹・発赤で、分泌がおかしくなる主因としては男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンの不均衡やV.B.コンプレックスの慢性的な不足などが大きいと考えられているのです。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed