一日一日集中して仕事をしよう!

集中することはむずかしい

美容雑記22

読了までの目安時間:約 4分

 

私たちが「デトックス」に魅力を感じてしまう理由の一つとして考えられるのは、私達が暮らしている環境の汚さだ。大気や土壌は化学物質で汚され、野菜などの食物には化学肥料や農薬が多くかかっていると実しやかに囁かれている。

全身に存在するリンパ管と並行するようにして動いている血液の動きが鈍化してしまうと、栄養や酸素(O2)が移送されにくくなり、結果として不要な脂肪を増量させる大きな因子のひとつになります。

どうにかできないものかという気持ちで自己流のマッサージをする女性がいますが、ことさら目の下の皮膚は刺激に敏感なので、ゴシゴシ力任せの乱暴なマッサージであれば悪影響をもたらしかねません。

メイクの悪いところ:うっかり泣いてしまうとあたかも阿修羅のような怖い形相になる。ちょっとだけミスしただけで下品になって自爆する羽目になる。素顔をごまかすのにも骨が折れること。

美容外科(cosmetic surgery)は、正式には外科学のジャンルで、医療に主軸を据えている形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは別のものだ。更に、整形外科学とも混同されやすいのだが1異なる分野のものである。

デトックスというのは、体の中に蓄積されているあらゆる毒素を体外に出させるというシンプルな健康法で誰にでも行える代替医療に分けられている。「detoxification(ディトクシフィケーション、取り除く=解毒)」の短縮形だということはあまり知られていない。

アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)を塗り薬だけで良くしようというのは無理があると言わざるを得ません。習慣や趣味などライフスタイルすべての考えまで把握するような治療方針が必要だといえます。

リハビリメイクという言葉には、体に損傷を受けてしまった人のリハビリテーションに等しく、顔などの外観に損傷を被った人が社会復帰のために修得するスキルという側面があるのです。

患者は一人一人肌の質は異なりますし、先天的な要素によるドライスキンなのか、そうではなくて後天的なものによるドライ肌なのかというタイプによって治療の内容に関わってきますので、思っている以上に注意が必要とされるのです。

そこで大多数の皮膚科医がまず使うのが、美白効果で有名なビタミンC誘導体。外用抗菌薬と一緒に使えば大体半年でほぼ完治に持ってこれることが多いとされている。

そういう状況で多くの医師が使うのが、美白美容液などに配合されているビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬と一緒に使用すれば6ヶ月前後で全快に持っていける状況が多いとされている。

美容外科(Plastic Surgery)とは、体の機能上の欠損や変形を修復することよりも、専ら美的感覚に基づく人体における見た目の向上を重視する臨床医学の一つであり、独自性を持った標榜科目でもあるのだ。

審美歯科(aesthetic dentistry)とは、美に焦点を当てた総合的な歯科医療。歯が担う役割には物を噛み潰すなど機能的な側面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、2つとも健康という観点では外せない要素であろう。

肌のターンオーバーが遅れると、ありとあらゆるお肌の老化現象や肌トラブルを招きます。老けて見えるシワ・濃くなっていくしみ・顔色がパッとしないくすみ・目の下のくま・フェイスラインが下がるたるみ・嫌な肌荒れ・突っ張るような乾燥など、言い始めたらキリがないほどなのです。

多くの人々が「デトックス」の虜になる大きな理由として考えられるのは、私達が暮らしている環境の悪さだろう。大気や土壌は汚染され、野菜や果物などの食物には作用の強い化学肥料や害虫予防の農薬がたっぷり使われているとまことしやかに囁かれているのだから無理もない。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed