一日一日集中して仕事をしよう!

集中することはむずかしい

健康雑記24

読了までの目安時間:約 4分

 

過飲過食、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、仕事などのストレス、老化というような複数の素因が集まると、インスリン分泌が減ったり、働きが悪くなったりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病に罹患します。

人間の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に分けられますが、中耳の辺りに様々な黴菌やウィルスなどが付着して炎症が誘発されたり、体液が滞留する病気を中耳炎と呼ぶのです。

常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、毒力が極めて強烈な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と毒素の強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種に分けられます。

WHOは、有害な紫外線A波のデタラメな浴び過ぎは皮膚にトラブルを誘引するとして、19歳未満の若い人がファッション感覚で肌を黒くする日焼けサロンを利用する行動の禁止を主に先進国に提起している最中です。

基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が何もせずに動かなくても消費してしまうエネルギー量のことで、その半分以上を骨格筋・内臓の中で一番大きな肝臓・大量の糖質を消費する脳が消費しているというのが今や常識となっています。

ハーバード大学医学部の調査によれば、1日あたり2杯よりも多くカフェインレスコーヒーを代用することで、なんと直腸がんの発症リスクを約5割も減らせたとのことだ。

陰金田虫(インキンタムシ)は20代~30代の比較的若い男性に多く確認されており、よくあるパターンとしては股間の辺りだけに拡大し、全身運動をしたり、風呂に入った後など身体が温まった時に強いかゆみを感じます。

UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという性質があるので大気中のオゾン層を通る際にその一部が吸収されるものの、地表に達したUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊したりして、皮ふに悪い影響を与えます。

塩分や脂肪の摂取過多をやめた上で軽い運動に尽力し、ストレスを感じすぎないような毎日を心がけることが狭心症の誘因となる動脈硬化を予め防ぐ方法なのです。

悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、通常ならばヒトを癌から保護する役割を果たす物質を分泌するための型である遺伝子の異常が引き金となり発症する病気だと言われています。

70才以上の高齢者や慢性的な疾患を患っている人は、より肺炎になりやすく完治までに時間がかかる傾向が見られるため、予防の徹底やスピーディな治療が必要になります。

もしも婦人科の検査で残念ながらエストロゲンとゲスターゲンの分泌量が基準値を下回っており早発閉経(早期閉経)だと判明した場合は、不足分の女性ホルモンを補填してあげる処置方法で良くなります。

一度永久歯の周りのエナメル質を浸食するまでに深刻になってしまった歯周病は、多分症状自体が沈静化したとしても、エナメル質が元通りに復元されることは有り得ません。

「肝機能の衰退」については、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3つの数値で診ることができますが、ここ数年間で肝機能が減衰している人の数が明らかに増加傾向にあるということが注目されています。

脂漏性皮膚炎という病は皮脂の分泌異常が誘因で出現する湿疹で、皮脂分泌が乱れる原因として男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのアンバランス、V.B.コンプレックスの欠乏等が大きいと言われています。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed