一日一日集中して仕事をしよう!

集中することはむずかしい

美容雑記23

読了までの目安時間:約 4分

 

メイクの欠点:化粧直しする必要がある。メイク落としをして素顔に戻った時に味わうギャップ。コスメにかかるお金が嵩む。ノーメイクだと外に出られない強迫観念に近い思い込み。

仕事、終電帰りの飲み会、深夜に及ぶスポーツ観戦・翌日の幼稚園のお弁当やご飯の支度…。お肌が荒れると知ってはいても、実際は満足できるだけの睡眠時間を持てていない人が大半を占めると思います。

女性誌や美容の書籍には、小顔に美肌、ダイエットできるし、デトックス作用、免疫の増進など、リンパ液を流してしまえば全てがうまくいく!という嬉しくなるような謳い文句が軒を連ねている。

美容の悩みを解消するには、まず最初に自分の臓器の元気度を調べてみることが、よりきれいになるための近道になります。それならば、一体どんな手段を用いれば自分の内臓の健康度がみられるのでしょうか。

メイクアップでは傷などを隠すことに主眼を置くのではなく、リハビリメイクを介して最終的に患者さん本人が己の外見を認めて、社会生活への新たな一歩を踏み出すこと、かつQOL(生活の質)を上げることが目標です。

頭皮のケアは別名スカルプケア(scalp care)とも呼ばれます。頭皮は髪の毛の問題である脱毛や薄毛などにとても密に関係していると供に、顔のたるみにも影響を及ぼしているのです。

唇の両端が下がっていると、皮膚の弛みは徐々に目立つようになります。きゅきゅっと口角を上げて笑顔でいるように意識すれば、弛みの予防にもなるし、佇まいも美しくなりますよね。

中でも夜の歯磨きは大事。溜まっているくすみを取り除くため、寝る前はちゃんと歯みがきをしましょう。ただ、歯磨きは回数の多さではないので、1回1回のクオリティに着目することが肝要です。

女性誌や美容の本には、顔が小さくなる、肌が美しくなる、ダイエットできるし、デトックス作用がある、免疫アップなど、リンパ液を流してしまえば何もかもが好転する!という華やかなフレーズが掲載されている。

肌の弾力を司るコラーゲンは、一年中降り注ぐ紫外線を受けたり合わない化粧品などによるダメージを長期間に渡って受けてしまったり、心や体のストレスが徐々に溜まったりすることで、傷つき、更には生成されにくくなってしまうので注意しなければなりません。

どこにも問題のない健康な人にも生じるむくみだが、これは浮腫んで当たり前。なぜか女性は、脚のふくらはぎのむくみを気にするようだが、ヒトならば、下半身の浮腫は正常な状態なのであまり気にしない方が良い。

美白というものは、メラニン沈着が少ない、より一層白い肌を理想とする美容分野の観念、またはそんな状態のお肌そのものを指している。主に顔面の肌について使われる。

形成外科とは違い美容外科が欠損などのない健康な体に医師が外科的侵襲をするという容貌重視の行為なのに対して、結局は安全への意識があまりにも疎かにされていたことが大きな原因であろう。

よく女性誌でリンパ液の停滞の代名詞であるかのように説明される「浮腫」には大きく分けると、身体のどこかに潜んでいる病気による浮腫と、特に健康面で問題のない人でも現れる浮腫があるとのことだ。

本来、正常な皮ふの新陳代謝は28日毎のサイクルになっており、1日毎に新しい細胞が生まれ、1日毎に取り去られているのです。これらの「日々の生まれ変わり」によって私たちの皮膚は若々しい状態を保ち続けています。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed