一日一日集中して仕事をしよう!

集中することはむずかしい

美容雑記25

読了までの目安時間:約 4分

 

メイクのメリット:新しい商品が出た時のドキドキ。メイク前のすっぴんとのギャップに楽しさを感じる。いろんなコスメに資金を費やすことでストレスを解消される。メイクをすること自体の面白さ。

ホワイトニングというものは、メラニン色素が少ない、更に明るい肌を重要視する美容の観念、もしくはそのような状態の皮膚のことを言う。主に顔の皮ふについて採用される。

ここ日本では、肌が透き通るように白くて黄ぐすみや濃いシミが見られない素肌を目標とする習慣は現代以前から浸透していて、「色の白いは七難隠す」ということわざもあるほどだ。

メイクの利点:新しいコスメが発売された時のワクワク。素顔とのギャップに萌える。いろんな化粧品に資金を費やすことでストレスが発散される。メイクそのものの面白さ。

押し返してくるのが弾むような肌のハリ。これを作り出しているのは、あのコラーゲン、つまりはタンパク質なのです。バネの機能を持つコラーゲンが安定して皮ふを持ち上げていれば、たるみとは無縁でいられます。

よく美容誌でまるでリンパ液の滞留の代表のように取り上げられている「むくみ」には2つに大別すると、体内に隠れている病気による浮腫と、何も病気を持っていない健康な人でも出現するむくみがあるそうだ。

アトピーの原因:家族歴・以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎の内一つ、若しくは2つ以上)、IgE 抗体を生産しやすい素因、など。

本国の美容外科の変遷の中で、美容外科が「紛れもなく真っ当な医療行為」との見解を与えられるまでに、割と長い時間が必要だった。

メイクのデメリット:泣いた時にまるで阿修羅のような怖い形相になる。ちょっとだけミスするとケバくなってしまい自爆してしまう。顔の造りをごかますのにも限界というものがあること。

外観を装うことで気持ちがはつらつとしておおらかになるのは、顔にトラブルのある人もない人も変わりません。私たちはメイクアップを己の内から元気を引っ張り出す最良の手段だと認識しているのです。

メイクアップではアザなどを目立たなくすることに主軸を据えず、メイクを通して最終的には患者さん自身が己の容貌を受け入れることができ、社会復帰を果たすこと、そしてQOL(生活の質)を更に上げることが目的なのです。

美容外科(Cosmetic Surgery)というのは、体の機能上の損壊や変形部の修正よりも、もっぱら美的感覚に基づいて人の体の容貌の改善を重要視するという医学の一種であり、完全に独立した標榜科目だ。

頬など顔のたるみは老けて見られる原因に。皮膚の弾力や表情筋のゆるみがたるみに繋がりますが、実際は普段からおこなっている何気ない仕草も原因になります。

細胞が分裂する働きを活発にして、肌を生まれ変わらせる成長ホルモンは日中の仕事などの活動している最中にはほぼ分泌されず、夕食を終えてゆったりと体を休め穏やかな状態で出るからです。

よく目立つ目の下の弛みを改善する方法で有効なのは、ずばり顔のストレッチ体操です。顔面の筋繊維は意識していないのに凝り固まったり、その時の心の状態に左右されていることがままあります。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed