一日一日集中して仕事をしよう!

集中することはむずかしい

健康雑記28

読了までの目安時間:約 4分

 

耳鳴りは分類することができて、当事者しか感じないというタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように本人に加えて他の人にも高性能マイクロホンなどを使ってみると聞ける点が特徴の「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。

吐血と喀血、いずれも口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血というのは喉から肺に達している気道(きどう)から血が出ることで、吐血の方は無腸間膜小腸よりも上にある消化管から血が出ることを指しているのです。

ハーバード医大(HMS)の調べによれば、通常のコーヒーと比較して毎日2カップ以上ノンカフェインコーヒーを代用すれば、なんと直腸癌の罹患リスクを5割以上も減少させることができたらしい。

悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、元来、人をガンから護る作用をする物質を作るための鋳型のような遺伝子の不具合で起こってしまうということが分かっています。

体を動かすのに必要なエネルギーとしてすぐに働く糖質、人の細胞の新陳代謝に欠かせない蛋白質など、度の過ぎたダイエットではこれらのように体調をキープするために欠かすことのできない栄養成分までも減少させてしまう。

肥満の状態は勿論あくまで食生活の内容や運動不足などが主因ですが、一緒の量のごはんであっても、あっというまに終了する「早食い」を続ければ体重過多に陥っている肥満の状態を招きやすくなるようです。

内臓に脂肪が多いことによる肥満と診断され、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂取などによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2~3項目に該当する様子を、メタボリック症候群と呼んでいるのです。

国民病ともいわれる花粉症とは、杉や檜などの様々な植物の花粉が元凶となり、クシャミ・目や皮膚の痒み・微熱・鼻詰まり・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を引き起こす病気だということは、今や常識となりました。

今、若年層で結核菌に抗う力を持っていない人々が増加傾向にあることや、受診が遅れることなどが主因の集団・院内感染(アウトブレイク)が増えていると言われています。

衝突事故や作業現場での転落など、かなり強い圧力が身体にかかった場合は、複数箇所に骨折が生じたり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、更には臓器が損壊してしまうこともままあります。

老化による耳の遠さは少しずつ聴力が落ちていくものの、多くの人は60歳を超えてからでないと聴力の衰退をなかなか認識できないのです。

自動体外式除細動器(AED)は医療資格のない人でも扱える医療機器で、本体からの音声ガイダンスに応じておこなうことで、心臓の心室細動に対する応急処置の効果を発揮してくれます。

食事をするときは、食べようと思った物を気軽に口へ運んで何度か噛んで飲み下すだけに思われがちだが、その後も体は実にまめに活動し続けて食物を体に取り入れる努力をし続けているのだ。

抗酸菌の結核菌は、保菌者が咳き込むことで室内に散布され、空中にフワフワ飛んでいるのを他の誰かが空気と一緒に吸い込むことによって拡がっていきます。

アメリカやヨーロッパ諸国では、新薬の特許が切れてから4週間後には、市場のおよそ80%がジェネリック医薬品(後発医薬品)に切り替わるような医薬品もあるほど、ジェネリックは世界中に親しまれているという現実があります。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed