一日一日集中して仕事をしよう!

集中することはむずかしい

健康雑記18

読了までの目安時間:約 4分

 

男性だけにある前立腺という臓器はその生育や活動にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンがとても密接に関係していますが、前立腺に出現してしまったがんも同じく、雄性ホルモンの機能によって成長してしまいます。

演奏会の開催される場内や踊るためのフロアなどに備えられた特別仕様の大型スピーカーの真正面で大音量を聞いて難聴になってしまうことを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と言うのです。

悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、正常ならば人をガンから護る役割を果たす物質を産出するための金型である遺伝子の異常が引き金となり発病してしまう病気だと考えられています。

「あまりにも多忙だ」「粘着質な様々な人間関係が嫌で仕方がない」「先端テクノロジーや情報の著しい高度化に付いていくのに必死だ」など、ストレスを感じてしまうシーンは人によって異なります。

グラスファイバーで作られたギプスは、ダメージに強くて重くなくて耐久性に優れており、濡れてしまってもふやけないというメリットがあるため、今の日本のギプスの定番だと言われています。

杉花粉症などの緒症状(鼻みず、鼻詰まり、クシャミ等)のために夜間しっかり眠れない場合、そのせいで睡眠不足になり、翌朝目覚めてからの行動に良くないダメージを与えるかもしれません。

比較的若い世代で結核菌の免疫を持たない人達が増加傾向にあることや、早合点のために診断が遅れることに縁る集団感染及び院内感染が多くなっているようです。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンにかわって、2012年9月1日以降は原則無料で受けられる定期接種集団接種ではなく医療機関で注射するスケジュール管理の必要な個別接種の形に変更されました。

エイズウイルス、すなわちHIVを持っている精液や血液、腟分泌液、母乳、唾液等のあらゆる体液が、交渉相手等の粘膜や傷口などに接触すると、感染する危険性が大きくなります。

30~39才までの間に更年期になるとしたら、医学的に表すと「早発閉経(そうはつへいけい)」という疾患に当てはまります(この国においては40歳未満の比較的若い女性が閉経するケースを「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と定義しています)。

PC使用時の強くて青っぽい光を低減する効果のある眼鏡が非常に人気を博しているのは、疲れ目の手当にたくさんの人が惹かれているからだと推測することができます。

ポリフェノールで最も有名な長所はL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のV.E.などとは違っており、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化を遅れさせる作用をいかんなく発揮します。

黴菌やウィルスなどの病気を連れてくる病原体が肺の中に忍び入って罹患してしまい、肺そのものが炎症反応を起こしている事を「肺炎」と称しているのです。

年齢を重ねることが原因の耳の聞こえにくさはなだらかに聴力が落ちますが、大体において還暦過ぎまでは聴力の衰退を確信を持って把握できません。

下腹の疝痛を特徴とする病には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、女性性器の疾患などの病名が挙げられます。

健康雑記17

読了までの目安時間:約 4分

 

耳鳴りは分類することができて、当事者にしか感じられないと言われる「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように当事者に加えて他の人にも高品質なマイクロホンを利用したりすると感じることのできるような「他覚的耳鳴り」とがあり、対処法が変わります。

3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を鈍くしたり突然変異を誘引する人体に対する有害物質を体の内部で無毒化し、肝臓の能力を促す特徴が認められているのです。

肝臓を健康に維持するには、肝臓の毒素を無毒化する力が低くならないようにする、言いかえれば、肝臓を老化させない対処法を開始することが有効です。

杉花粉症などの病状(水っ洟、鼻詰まり、連発するクシャミなど)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが引き金となって慢性の睡眠不足となり、翌朝起床してからの行動性に悪いダメージを与えるかもしれません。

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、変わり、平成24年9月から厚労省が接種を推奨する定期接種集団接種ではなく小児科などの医療機関で個々に受けるスケジュール管理の必要な個別接種という扱い

ストレスが蓄積していくシステムや、手軽で有用なストレス対処策など、ストレスに関係している初歩的な知識を勉強しようとする人は、まだまだ少ないようです。

めまいは無いのに、強い耳鳴りと低音域の難聴の症状のみをいつまでも繰り返すケースを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メヌエル病」という呼称で呼ぶ事例もあるそうです。

うす暗い場所だと光不足のため見えにくくなりますが、更に瞳孔が開くので、目のピントを合わせるのに多くのエネルギーが消費され、明るい場所でものを見るより疲労がおおきくなります。

日光を浴びると生成されるビタミンDは、Caが人体に吸収されるのを促進する特質が知られており、血液中のカルシウム濃度を調整して、筋肉の動き方を微調整したり、骨を生成したりしてくれます

基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が何もせずにじっとしていても消費してしまうエネルギー量であり、大半を全身の骨格筋・内臓の中で一番大きな肝臓・多量の糖質を消費する脳が消費しているということはまだ広くは知られていません。

骨を折ったことによりひどく出血してしまった状態では、低血圧になって周囲が揺れ動いてみえるようなめまいや冷や汗、嘔吐感、立っていなくても起こる意識消失などの不快な脳貧血がみられる時もあります。

500以上もの働きを持つ肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く付着した脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、動脈硬化や狭心症に始まるいろんなトラブルを起こす可能性があることをご存知でしょうか。

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、4~5日くらいちゃんとお薬を飲めば、原則的にほとんどの患者さんの自覚症状は去りますが、イコール食道粘膜の傷みや炎症が全快したとは言い切れません。

ご高齢の方や慢性病を患っている方は、ことさら肺炎に罹患しやすく治るのが遅いデータがあるので、予防策の徹底や迅速な処置が肝要なのです。

クモ膜下出血とはそのほとんどが「脳動脈瘤」と呼ばれる脳の血管のコブが破裂して出血する事が要因となってなってしまう命にかかわる病気だと認識されています。

健康雑記16

読了までの目安時間:約 4分

 

高齢化による耳の聞こえ辛さはじわじわと聴力が低くなりますが、普通還暦過ぎまでは耳の老化をはっきり認識できないものです。

悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、本来、ヒトを癌から守る作用を持つ物質を生成するための鋳型のような遺伝子の不具合が原因で発病すると言われています。

内臓脂肪タイプの肥満が診られて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、「血圧(blood pressure)」、高血糖の中で2項目か3項目全てに該当するような健康状態のことを、メタボリックシンドローム、略してメタボと称しています。

天然の化学物質、フィトケミカルの一つのスルフォラファンというブロッコリーに含まれる物質が、肝臓が持つ解毒酵素の自然な生産活動を促しているかもしれないという事実が見えてきました。

ハーバード大学医学校の調査データによると、通常のコーヒーと比較して毎日2杯以上はカフェインレスコーヒーを飲用すれば、なんと直腸がんの発生率を半分も減少させたという。

子どもの耳管は、大人に比べると幅があり短めの形であり、しかも水平に近いため、様々なばい菌が潜り込みやすくなっているのです。大人よりも子どもの方が急性中耳炎を発病しやすいのは、これが関係しています。

物を食べるという行動は、食物を気軽に口へ入れて幾度か噛んで飲み込むだけに思われがちだが、その後体は実に健気に動き続けて食物を身体に取り込む努力を続ける。

チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故のその後の追跡調査の結果によると、成人と比較して体の小さい子どものほうが漏れてしまった放射能の有害な影響を受容しやすいことが読み取れます。

体を動かすのに必要なエネルギーとしてすぐに働く糖質、人の新陳代謝に絶対欠かせない蛋白質など、行き過ぎたダイエットではこれらに代表される様々な活動をキープするために外せない成分までもを減らしてしまう。

アミノ酸のグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を衰退させたり突然変異を誘発する害のある物質を体の中で解毒し、肝臓の力をより良くする力が確認されているのです。

常識的に水虫といえば足を思いつき、ことさら足指の間にできやすい皮膚病だと捉えられていますが、白癬菌が感染する場所は決して足だけではなく、体の様々な部位にうつるという危険性があります。

BMIを求める計算式はどこの国でも共通ですが、数値の評価基準は国ごとに少しずつ違い、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI値22が標準体重、25以上は肥満、BMI18.5未満は低体重と定めています。

いんきんたむしは20~30代の男性多い傾向があり、よくあるパターンとしては股間の周辺だけに広がり、身体を動かしたり、入浴した後など全身が温まった時に強烈な痒みを招きます。

環状紅斑というのは環状、つまりは輪っかのようなまるい形をした赤っぽい発疹・湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚のトラブルの総称であって、その病因は本当に様々だといえます。

必要な栄養素を網羅した食事を1日3回とることや運動はもちろんのこと、肉体面と精神面の健康や美のために、食事以外に数種類のサプリメントを服用する事がまったくおかしくなくなっているのです。

健康雑記15

読了までの目安時間:約 4分

 

「肝機能の悪化」は、血液検査項目のASTやALT、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)などの値によって確認することができますが、特にここ数年肝機能が減衰している日本人が徐々に増加しているということが注目されています。

子供の耳管の構造は、大人に比べると幅があって短めで、またほぼ水平になっているため、バイキンが潜り込みやすくなっています。乳幼児が急性中耳炎に罹患しやすいのは、この作りが関わっています。

結核をもたらす結核菌は、患者がゴホゴホと「咳」をすることで空間に放たれ、空気中でふわふわと流れているのを今度は別の人が吸い込むことによりどんどん感染します。

いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学上では股部白癬という名称で、かびの仲間である白癬菌が股間や陰嚢、お尻などの部位に感染、もしくは定着する病気で俗に言う水虫のことです。

チェルノブイリ原子力発電所事故に関する被害者の後追い調査のデータから、大人に比べると子供のほうが分散した放射能の深刻な影響を受容しやすくなっていることがわかっているのです。

通常ならば骨折を起こさない程のごく僅かな力でも、骨の限定された部位だけに複数回にわたり続けてかかってしまうことで、骨折へとつながることもあるようです。

アミノ酸のひとつであるグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を低減したり変異を誘発する悪質な物質を体の内側で解毒し、肝臓の力を強める能力が認められているのです。

UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという性質があり、大気中に存在しているオゾン層でその一部が吸収されるものの、地表まで達したUV-B波は肌の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を傷つけてしまうなど、肌にとって悪い影響をもたらすことになります。

バランスの取れた食生活や適切な運動は勿論、ヘルスアップやビューティーアップのために、栄養を補うために様々なサプリメントを服用する事がおかしくなくなっているのです。

男性の生殖器である前立腺はその成長や働きにアンドロゲン、即ち男性ホルモンが非常に深く関わり、前立腺に出現してしまったガンも同様に、雄性ホルモン(男性ホルモン)に刺激されて肥大化してしまいます。

過食、体重過量、運動不足、遺伝、不規則な生活、心身のストレス、加齢など様々な素因によって、インスリンの分泌量が減少したり、機能が低下したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患します。

むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えて喫煙・アルコールの常飲・脂肪過多等の生活習慣が乱れたこと、ストレスなどによって、今日本人に多く発症している疾患の一種です。

悪性の腫瘍である卵巣ガンは、元来、ヒトの身体をがんから保護する役目を果たす物質を創造するための鋳型みたいな遺伝子の異常が引き金となって発症すると言われています。

人間の耳の構造は、大まかに「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分類することができますが、中耳付近に細菌やウィルスがうつり、炎症になったり、液体が溜まる症状を中耳炎と呼ぶのです。

痩せるのが目的で摂取カロリーの総量を控える、ほとんど食べない、こういった生活を続けるとひいては必要な栄養までもを不足させ、四肢の冷えを齎していることは、何度も問題視されていることなのです。

健康雑記14

読了までの目安時間:約 4分

 

杉の花粉が飛ぶ1月から4月の頃に、乳幼児が発熱は確認できないのに頻繁にクシャミしたり水っぱなが止まないような症状だったなら、杉花粉症の可能性があります。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンに代わり、原則無料で受けることのできる定期接種として導入されるので、小児科などの医療機関で個々に注射してもらうに変更されました。

アメリカやEU圏では、新薬の特許が満了してから約1ヶ月後、製薬市場のおよそ割がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に替わるようなクスリもあるほど、後発医薬品(こうはついやくひん)は世界各国に知られています。

暴飲暴食、太り過ぎ、消費カロリーの低下、不規則な生活、多忙によるストレス、加齢など様々な素因が揃うと、インスリンの分泌量が少なくなったり、機能が低下したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症すると考えられています。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在するインスリンを分泌するβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまうことが原因で、膵臓からはインスリンが微々たる量しか分泌されなくなってしまい発症してしまう自己免疫性のタイプの糖尿病です。

ヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間にあるクッションのような役目を果たしている椎間板(ツイカンバン)という円形の線維軟骨がはみ出た症状を表しています。

メタボリックシンドロームとは断言されていなかったとしても、内臓に脂肪が多く蓄積しやすい類の悪い体重過多に陥ることに縁り、色々な生活習慣病を招く可能性が高まります。

エイズウイルス(HIV)を有している血液、精液をはじめ、女性の母乳や腟分泌液などの体液が、乳飲み子などの傷口や粘膜部分等に触れることにより、感染の危険性があります。

脳卒中のくも膜下出血は80%以上が脳動脈瘤と言われる血管にできた瘤(こぶ)が破裂して脳内出血してしまうことが原因となって発症する死亡率の高い病気だと多くの人が知っています。

UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという性質があり、大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部が吸収されるものの、地表に届いたUV-B波は皮膚の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を破損させたりして、肌に悪い影響を与えることになります。

「肝機能の悪化」については、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)などの数値で確認することができますが、ここ最近では肝機能が悪化している日本人が増加傾向にあると報じられています。

普通なら骨折は起こさない程度の小さな圧力でも、骨の限られた部位だけに何度も繰り返して休みなく力が加わることにより、骨折する事もあり得ます。

グラスファイバーでできたギプスは、大変強靭で軽量な上に耐久性に優れ、濡れてしまってもふやけないという利点があり、いまのギプスの人気製品だと言われています。

子供の耳管の作りは、大人のそれと比較して太目で長さがなく、なおかつ水平に近いため、黴菌が入り込みやすくなっているのです。大人より子どもの方がよく急性中耳炎になるのは、この事が関わっています。

もう永久歯の周りのエナメル質を浸食してしまうほど悪化してしまった歯周病は、おそらく症状そのものが落ち着いたとしても、無くなった骨が元通りに復元されるようなことはないと言われているのが現状です。

健康雑記13

読了までの目安時間:約 4分

 

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、一番代表的な中耳炎で比較的子供によくみられます。強い耳の痛みや熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(じろう)などの耳の症状が出ます。

軽傷の捻挫だろうと勝手に決め込んで、湿布を貼って包帯やテーピングで患部を固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置を済ませたらスピーディに整形外科医に診てもらうことが、結局は完治への近道となります。

アルコール、お薬、色々な食品添加物等の成分を特殊な酵素によって分解して無毒化する働きを解毒(げどく)と呼び、肝臓の果たしている最も大切な役割分担のひとつだと言えるでしょう。

チェルノブイリ原発の事故に関するその後の追跡調査のデータでは、大人に比べると子供のほうが放出された放射能の良くない影響を受けやすくなっていることが分かります。

過食、太り過ぎ、喫煙、消費カロリーの低下、精神的・肉体的なストレス、高齢化など様々な素因が揃うと、インスリン分泌が少なくなったり、働きが鈍化したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病を発病するのです。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂分泌の異常が原因で現れる湿疹で、分泌が乱れる要因としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンの均衡の乱れやビタミンBコンプレックスの欠乏等が考えられます。

うつ病は脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足することにより、不眠、強い憂うつ感、著しい疲労感、食欲の低下、体重の減少、強い焦り、意欲の低下、そして重症化すると自殺企図等の深刻な症状が心身に現れます。

2005/02/01から新しく特保の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の日本語のプリントが食品メーカーの義務となっている。

吐血と喀血、どちらも口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血の方は咽頭から肺に続く気道(きどう、呼吸器の一種)から出血することであり、吐血とは無腸間膜小腸より上部の消化管から血が出る状態を指しています。

前立腺という生殖器はその成長や活動に雄性ホルモン(男性ホルモン)が密に関係していますが、前立腺に現れたガンも同様に、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの力で大きくなってしまうのです。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する特徴があるナイアシンは、宿酔に効果的な成分です。嫌な二日酔いの根源物質だといわれる酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質のクラッキングに携わっています。

アメリカやヨーロッパ各国では、新しい薬の特許が満了した30日後には、製薬市場の8割が後発医薬品(こうはついやくひん)に切り替わるような飲み薬もあるほど、後発医薬品は地球上で採用されています。

胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食事の欧米化や喫煙する事・アルコールの習慣・肥満症などの生活習慣が悪化したこと、ストレスなどによって、殊更日本人に増えつつある疾患の一つです。

音楽会やライブなどの開催場所や踊るための広場などに据えられている特別仕様の大型スピーカーの真横で大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなる症状を「ロック外傷」と呼んでいるのです。

様々な花粉症の緒症状(鼻みず、酷い鼻づまり、くしゃみ等)のせいで夜間よく睡眠を取れないと、それが災いして睡眠不足になり、翌朝起床してからのすべての活動に悪いダメージを与えることもあります。

健康雑記12

読了までの目安時間:約 4分

 

虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科処置ではほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」もしくは「冠動脈大動脈バイパス移植手術」の双方の治療が一般的におこなわれています。

いんきんたむし(陰金田虫)は20代~30代の男の人多く確認され、ほとんどの場合は股間の辺りにのみ拡大し、激しく体を動かしたり、風呂から上がった後など体が熱くなった時に強烈な掻痒感を引き起こします。

AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が原因となって起こるウイルス感染症のことであり、免疫不全に至り些細な真菌などによる日和見感染やガンなどを発病してしまう病状の事を指しています。

「肝臓の機能の低下」は、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等の値によってモニタリングできますが、ここ数年で肝臓の機能が低下している人々が明らかに増加していると報じられています。

気分障害のうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなり、不眠、強い憂うつ感、倦怠感、疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦り、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図等の症状が出現するのです。

アルコール、お薬、合成保存料を始めとした食品添加物等の成分を酵素によって分解して無毒化する機能の事を解毒(げどく)と称しており、多機能な肝臓の非常に大切な仕事のひとつであることは間違いありません。

日々の規則正しい暮らしの保持、腹八分目を忘れないこと、自分に合った運動等、アナログともいえる自分の身体への注意が肌のアンチエイジングにも活用されるということです。

「体脂肪率」というものは、人の身体の中の脂肪の占有している率で、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(weight、kg )×100」という式で分かります。

人間の耳の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3つに分けることができますが、この中耳の辺りに黴菌やウィルスが付着し、発赤等の炎症がみられたり、液体が溜まる病気を中耳炎と呼ぶのです。

内臓脂肪症候群とは言われていなくても、内臓に脂肪が付きやすい型の悪質な肥満を持つことによって、色々な生活習慣病を発症する可能性が高まります。

バイ菌やウィルスなど病気を齎す病原微生物、即ち病原体が口から肺の中に入って感染した結果、肺そのものが炎症反応を示した様を「肺炎」と呼ぶのです。

アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を低減したり突然変異をもたらす悪影響を及ぼす有害物質を身体の中で無毒化し、肝臓の能力をより良くする能力が判明しているのです。

ポリフェノールで最も有名な特性は水溶性のビタミンCや脂溶性のビタミンEなどとは性質が違い、細胞間の水溶性の部分や脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化しにくくする作用を持っているのです。

「とにかく時間がない」「無駄な様々な人間関係が苦手だ」「あらゆる先端技術や情報のハイレベルな進化に付いていくのが大変だ」など、ストレスを感じやすい誘因はみんな異なります。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは就寝中ではない覚醒状態で生命活動を維持する(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎臓の機能、体温や筋肉の緊張の維持など)のに要る最も小さいエネルギー消費量の事をこう呼ぶのです。

健康雑記11

読了までの目安時間:約 4分

 

虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管の中の空間が狭まり、血流が停止し、大切な酸素や栄養を心筋に送ることができず、ほとんどの筋細胞が機能しなくなる大変重い病気です。

アメリカやヨーロッパ各国では、新しく開発された薬の特許が切れた約30日後、市場のおよそ80%がジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)に替わるような薬品もある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)は世界各国に知られています。

毎年流行する型の異なる季節性インフルエンザワクチンでは、今までの研究結果によって、注射の効果が見通せるのは、ワクチンを注射した日の約2週間後からおよそ150日くらいだろうということが明らかになりました。

亜鉛は、遺伝情報やタンパク質の合成に関わる特別な酵素や、細胞・組織の代謝機能に深く関係している酵素など、200種類以上ある酵素を構築する物質として非常に重要なミネラル分です。

ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が切れてしまった後に市場に出回る、まったく同じ成分で経済的負担の小さな(クスリの価格の高価ではない)後発医薬品です。

食事中は、食べたい物を気軽に口へ入れて約20回噛んで飲み下して終わりだが、その後も体は実によく活動し食物を人体に取り込む努力をしているのだ。

脂漏性皮膚炎というものは皮脂分泌の異常によって出現する湿疹で、皮脂の分泌が乱れる要因として男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの崩れ、ビタミンB群の慢性的な不足等が大きいと言われています。

スギ花粉症などの緒症状(鼻みず、鼻詰まり、クシャミ等)のために夜間よく眠れない場合、それが要因で睡眠不足の状態に陥り、次の日起床してからの業務内容に悪影響を及ぼすことも考えられます。

鍼灸の鍼を痛みの発生源に刺す、というフィジカルな程よい多数の刺激が、神経細胞の活動を促し、神経インパルスと言われている謂わば電気信号伝達を発生させると考えられているようです。

抗酸菌の結核菌は、人間が「せき」をすることで外気に散布され、空気中でふわふわ漂っているのを別の誰かが吸い込むことで次々に感染します。

ストレスがかかり、溜まるという経過や便利で効果的なストレス対策など、ストレスに関しての適切な知識を持っている方は、まだ少ないようです。

子どもの耳管の特徴は、大人の耳管と比較して太くて短めの形状で、加えて水平に近いため、バイキンが侵入しやすくなっているのです。乳幼児が急性中耳炎にかかりやすいのは、この作りが関わっています。

加齢が原因の難聴では段階を経て聴力が低下するものの、多くの場合は還暦を超えてからでないと耳の悪さを確信を持って認識できません。

「いつも時間に追われている」「面倒くさい色々な人間関係が苦手」「技術やインフォメーションの著しい高度化に付いていくことで精一杯」など、ストレスがのしかかる要因は一人一人違います。

アミノ酸であるグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を悪化させたり突然変異を招く人体に悪影響を及ぼす有害物質を身体の中で無毒化し、肝機能を強める役目が判明しています。

健康雑記10

読了までの目安時間:約 4分

 

耳鳴りの種類には本人だけに感じられるという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血液の流れのように当事者に加えて他の人にも高性能のマイクロホンなどを使うと感じることができるという部類の「他覚的耳鳴り」とがあり、治療の方法が変わります。

緊張性頭痛とは肩こりや首筋のこりから生じる患者数が多い慢性頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような強い痛さ」「重くてたまらないような痛さ」と言われます。

通常は水虫といえば足を思いつき、ことさら足の裏に現れる皮膚病だと勘違いされやすいのですが、白癬菌がうつるのは決して足だけではなく、体の様々な部位に感染してしまう可能性があるのです。

素人判断では折ったのかどうか不明な場合は、怪我をしてしまった位置の骨をそっと指で突いてみてください。もしそのポイントに激しい痛みがあれば骨折しているかもしれません。

人の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分かれていますが、中耳の近くに様々な細菌やウィルスなどがくっ付いて発赤等の炎症が発生したり、液体が溜まる症状を中耳炎と称しているのです。

基礎代謝量(kcal)というのは就寝中ではない状態で生命活動を保つ(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋肉の緊張の保持など)のに必要な理論上のミニマムなエネルギー消費量のことなのです。

むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えて喫煙する事・アルコール・脂肪過多等のライフスタイルの変化、ストレスに縁り、近年日本人に増加しつつある疾患の一つです。

めまいは出ないのに、辛い耳鳴りと難聴の症状のみを複数回発症するケースのことを区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メヌエル病」ということもあるようです。

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、5日前後きちんと処方薬を飲めば、原則、9割近くの患者さんの自覚症状は消え去りますが、さりとて食道の粘膜の炎症自体が根治したわけではないようです。

杉花粉が飛ぶ1月~4月の間に、小さな子どもが体温は異常ないのにクシャミを連発したりサラサラした水っ洟が出続けているような状態だったなら、もしかすると『スギ花粉症』の可能性が高いといえるでしょう。

頸椎などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨と背骨の間に存在するクッションみたいな役目を担っている椎間板(ついかんばん)という名の円形の組織が飛び出した症例を称します。

真正細菌のひとつである結核菌は、菌を持っている人がゴホゴホと咳き込むことで室内に散布され、空中でフワフワと浮かんでいるのを他の誰かが吸い込むことでどんどん感染します。

20代、30代で更年期が来たとすれば、医学的な用語で表すと「早発閉経(early menopause)」という女性疾患に当てはまります(この国では40歳未満の比較的若い女性が閉経してしまうケースを「早発閉経(そうはつへいけい)」と言っています)。

臓器である前立腺は生育や活動にアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)が大きく関係し、前立腺に現れてしまったガンも同様に、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの影響で大きく成長します。

体を撫でることなどで、当事者がセラピードッグをとても可愛らしいと思うと「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌されて、ストレスを低減したり精神の癒しなどに繋がっているといわれています。

健康雑記9

読了までの目安時間:約 4分

 

昨今、比較的若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に抗える免疫の無い人々の割合が高いことや、早合点のために受診が遅れることなどが主因の集団感染(アウトブレイク)・院内感染の発生頻度が高いようです。

基礎代謝量(kcal)は睡眠中ではない状態で命を保つ(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋肉の緊張の保持など)ために要る最も小さいエネルギー消費量の事を指しているのです。

自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を持たない普通の人にも取り扱える医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスの通りに扱うことで、心臓が小刻みに振動する心室細動の治療の効き目を患者にもたらします。

ハーバード大学医学部(HMS)の調査結果によれば、一般的なコーヒーと比較して毎日2カップよりも多くカフェインが90%以上除去されたコーヒーに変えれば、なんと直腸ガンの発病リスクを半分以上は減少させたという。

体脂肪の量は変化がないのに、体重だけが食物摂取や排尿等で一時的に増減する時、体重が増えた人は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減少した方は体脂肪率が上昇するのです。

年齢を重ねることが原因の耳の聞こえ辛さにおいてはちょっとずつ聴力が低くなりますが、多くの人は60歳を超えてからでないと耳の衰えをきちんとは認識できないのです。

季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、これまでの膨大な研究結果から、注射の効果が望めるのは注射のおよそ14日後から約5カ月ぐらいと言われているようです。

エイズはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染によって生じるウイルス感染症の病名であって、免疫不全を招き些細な病原体による日和見感染や悪性新生物などを複数発病する病状そのものの事を指し示しています。

前触れもなく発症する急性腸炎は、その大半が腹痛・吐き気・下痢の症状が出る程度ですが、細菌感染が原因の場合は凄まじい腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・下痢に加えて38度以上の高熱も出るのが見分けるポイントだといえます。

2005年2月1日以後新しく全てのトクホの入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起のコピーを表示すること各メーカーに義務付けられている。

内臓脂肪タイプの肥満が確認されて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2つ以上に相当するケースのことを、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と名付けています。

好気性桿菌のひとつである結核菌は、感染した人が咳き込むことで外気に投げ出され、空中でフワフワ動いているのを他の誰かが吸い込むことで拡がっていきます。

肥満の状態というのは勿論食事内容や運動不足が因子になっていますが、内容量の変わらないごはんだったとしても、かきこむように食べ終わる早食いを日常化することで脂肪過多に陥っている肥満の状態を招く恐れがあります。

ただの捻挫と勝手に決めつけ、冷湿布を貼って包帯やテーピングテープで一応固定し、そのまま様子をみるのではなく、応急処置を済ませてからすかさず整形外科の医師に診てもらうことが、結局は完治への近道となるでしょう。

食べ過ぎ、肥満、喫煙、運動不足、不規則な生活、肉体的なストレス、高齢化などの複数の誘因が揃うと、インスリンの分泌量が減少したり、働きが鈍くなったりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発症すると考えられています。